SNS動画広告のポイント

SNSに載せることを前提とした動画広告を作る場合には、いくつかのポイントがあります。SNSの動画広告は、長さに規定がないものがほとんどです。しかし、一定時間をすぎると視聴している人が、広告をスキップすることができるような設定になっているケースがあります。

そのため、SNSの動画広告を制作する場合には、初めの数秒程度の間に本当に伝えたいものを持ってくるようにするか、または、視聴した人が続きを見たくなるような仕掛けを作るかのどちらかを取り入れておく必要があります。後半に向かって徐々に盛り上がるような広告では、最後まで見てもらえない可能性が高いでしょう。

携帯電話やタブレット端末から視聴する人も多いため、その画面の動きに合わせる広告を作ることもポイントです。携帯電話の画面移動の際は、LINEであれば、画面が上から下へ動くよう、指でめくるような動作をします。その動作と同じ進み方をする動画広告を作ることで、スムーズな画面展開ができます。

例えば、料理レシピの広告であれば、食材の入れ替えの際に、横に食材をスライドさせるのではなく、画面から下に引くような動画を撮影する必要があります。

このようにSNSに動画広告を載せる場合には、SNS広告独特の手法で撮る必要があります。