動画制作会社の選び方

動画広告は、短い時間でいかに人々の興味を引き付けられるかが結果の明暗を分けます。特にSNSに載せる動画広告の場合は、他の媒体とは異なり、独特のリズム感や場面展開があるものです。通常の動画広告とは少し撮り方のポイントなども異なります。

自身で動画広告を制作することも可能ですが、SNS動画広告をしっかりと勉強していない場合には、動画の制作会社へ依頼することをおすすめします。動画制作会社を選ぶ際には、これまでの実績を文字だけでなく、実際の動画を見せてもらうようにしましょう。過去にSNS用の動画広告を制作したことがある会社であれば、心強いでしょう。

目的を持った動画でなければ、ただの薄っぺらな紹介映像になってしまいがちです。目的は何なのか、ターゲットは誰なのか、どんなコンセプトでどのように見せたいのか、載せようとしているSNSが何なのかをきちんと確認してくれる制作会社を選ぶようにしましょう。

また、載せるSNSによっては利用者の層や利用者の趣味嗜好も異なります。それぞれのSNSのニーズにマッチしたものを作る必要があります。料金や撮影技術だけでなく、そういったマーケティングにも長けている制作会社を選ぶこともポイントになります

反響の高い動画広告を作りたい場合には、まずは依頼する制作会社の会社研究からはじめてみましょう。

《参照サイト》ムビラボ_動画制作業者依頼

SNS動画広告のポイント

SNSに載せることを前提とした動画広告を作る場合には、いくつかのポイントがあります。SNSの動画広告は、長さに規定がないものがほとんどです。しかし、一定時間をすぎると視聴している人が、広告をスキップすることができるような設定になっているケースがあります。

そのため、SNSの動画広告を制作する場合には、初めの数秒程度の間に本当に伝えたいものを持ってくるようにするか、または、視聴した人が続きを見たくなるような仕掛けを作るかのどちらかを取り入れておく必要があります。後半に向かって徐々に盛り上がるような広告では、最後まで見てもらえない可能性が高いでしょう。

携帯電話やタブレット端末から視聴する人も多いため、その画面の動きに合わせる広告を作ることもポイントです。携帯電話の画面移動の際は、LINEであれば、画面が上から下へ動くよう、指でめくるような動作をします。その動作と同じ進み方をする動画広告を作ることで、スムーズな画面展開ができます。

例えば、料理レシピの広告であれば、食材の入れ替えの際に、横に食材をスライドさせるのではなく、画面から下に引くような動画を撮影する必要があります。

このようにSNSに動画広告を載せる場合には、SNS広告独特の手法で撮る必要があります。

SNSと動画広告

LINEやFACEBOOKなど、さまざまなSNSを世界中の多くの人が利用するようになりました。ニュースは据え置き型のテレビで視聴し、新聞を読まなくても、携帯電話の画面から文字ニュースとして読み取れる時代です。

そういった時代の流れをくんで、多くの企業がテレビCMや雑誌CM、雑誌広告や新聞広告ではなく、SNSに広告を載せることに力を注いでいます。
中でもストーリー性があり、一定の時間注目してもらうことができるので、動画広告を制作する企業が増えています。

動画広告は爆発的に増えており、今やSNSを開いて動画広告が表示されないことはないと言っても過言ではないほどです。SNSは一部の若い世代だけが利用するという物ではなくなり、老若男女問わず利用する、大衆的な情報ツールになっています。そのため、企業のイメージアップのための紹介映像や、新製品発表のための動画広告をSNSに載せることで、大きな反響を得られることでしょう。

SNSで使用される動画広告には、同じ動画でもテレビCMに載せるそれは全く異なった趣をもって制作されます。独特の手法でもって作られるSNS用の動画広告は、自身で制作することもできますが、完成度の高さを求めるのであれば、動画制作会社へ依頼すると良いでしょう。

ここでは、動画広告の中でもとりわけSNSで使われるものについて制作のポイントや動画制作を依頼する場合の制作会社の選び方について取り上げます。